借金はあるけれど

私はお金持ちではありません。そして借金もあります。
でも、それでもいいと思っています。

まあ、借金とはいっても何百万円もではなく、数十万円です。
そしてその「数十万円ぐらいなら・・。」
という考え方がよくないということもよくわかっています。

なぜなら、そういった考え方で次々と借金を増やしてしまい、
一時期は現在の3倍程度の借入額となってしまった経験があり、
これでも借金の額は以前に比べて減らすことができていますし、
そういった実績があるがゆえ、
これからも地道ながらも借金を返済してゆけそうだという感覚を持っているからです。
借金とはお金を借りることらしいので多かれ少なかれ借金なんですね。これは肝に銘じた方がいいと思います。
世の中便利ですお金が借りたくなったらキャッシングを使ってすぐに借りれてしまえますからやっぱり意識は絶対に必要ですね。

お金持ちになれないのならば

もちろん、お金持ちに憧れないことはありません。
借金せずに済みますし、好きなものをある程度いつでも買えたり、
旅行したりなど、いままであまりしてこなかった贅沢をしてみたいと
お金持ちをうらやましいと思ったりします。

そんなお金持ちに、
絶対になれないとは言い切れませんが、
実際のところ、それほど劇的に現在の経済状況を
変えることができるとも考えていません。

借金との付き合い方を考える

むしろ、現在のように借金をすることができる状況を、
上手に活用して生活してゆくこと
もひとつの考え方だとも思います。

このサイトでは、借金やお金に関して日々の生活の中で感じることや、
ちょっとした豆知識などなど交えながら、借金と仲良くつきあう方法について
考えてみたいと思います。

借金の度合いでとる選択としてはyenileispardini見てもらうといいかなと思います。現実と直視することって非常に重要ですね。